縫いP技あり!!

今日はミズノプロ革底スパイクの縫いPをした。職人技なので、多くは見せられませんがほんの一部お見せしましょう。
               先に張り付けた縫いP専用牛革をスパイクに縫い付け中
2007072701.jpg


裏側は一つ一つ手縫いです!!
この後つま先にコバ金をつけて、ゴムで補強して出来上がり!
簡単そうに思われがちですが、この出来栄えを見て納得して頂きたい!!
2007072702.jpg

遂にこの日がやってきた・・・   ?スパイク編?

 先日、ミズノプロのビッグM!!の最後のグラブが売れてしまったと、涙ながらにお伝えしてわずか
1か月足らずでスパイクも遂にお嫁に行ってしまった・・・。

いつも以上に縫いPにも力が入り、1針1針気持ちを込めて。

この記念すべきラスイチのスパイクは何と!28.5!!
しかも、お買い上げになったお客様は中学校2年生Σ(゜o゜) “どんだけぇー”ってな感じで目を疑ったが、マジで28.5やった。

最終段階のゴム塗りも補強のためにタップリおまけやぁ!!
2007082501.jpg

                         完成!!
2007082502.jpg

オーダースラッガースパイク  MADE IN JAPAN

スラッガーのスパイクは、他社と比べて非常に軽く、走りに自信のある人向けです。しかし、軽量のぶん耐久性には欠けますが・・・。

オーダースパイクは、¥15,000-¥27,000まであり、足首のカットやアッパーの素材などで値段はさまざま。もちろん!ベロに刺繍も入れる事ができます。

これは今回お客様のオーダーもので、ミドルカットのダブルのホーンマークが激シブ!!

2007090201.jpg

白の縫いPも珍しい!!仕上がりもバッチリ!
せっかくの軽量スパイクの特徴を損なわないようにできるだけ小さく、かつ強く工夫されている。

まだ縫いP未体験のあなた!是非一度試してみて下さい。
あっつ!革底スパイクのみですよ。。。

完成!野手用縫いP☆

                  ジャーン!!
2007110401.jpg
スパイクはミズノプロのハイカット¥29,400の最高級スパイクに、野手用の小振りな縫いPで、激シブ!!ワイえー仕事しとるわ(^。^)y-.。o○

縫いPは革底スパイクだからこそできる事。一針一針丁寧に手縫いでやっていく。牛の皮を、スパイクの本体と底の間に入れ込み、縫い合わせ、コバガネを打ち、ゴムを塗る。このゴムが補強となり、砂も入らず、コバガネと革を長持ちさせる。ゴムが減ってきて、コバガネがちびてきたらコバガネのみ交換すればOK!
2007110402.jpg
以外にみんなコバガネの限度を知らんようなけん、早め早めにお店に来てもらったら、ワイがアドバイスするで。

ビューティーコロシアム

とある高校生が修理に持ってきたスパイク。
2008020502.jpg
初めはとっても汚れていて、とても修理どころでないので、持って帰って洗って持って来てもらった。
雨天練習などの後は、みんなもきちんと手入れしてや!!

初めは裏金交換に持ってきたんだが、つま先補強のコバガネも割れてるし、中敷きは大きな穴が・・・。
足痛くなかったんやろか??
こりゃ痛いやろ(@_@;)

やっぱりコバガネが無ければせっかくの縫いPがボロボロになり、スパイクまでもが破れてしまう。
中敷きが薄くなればクッション性が無くなり足への負担が大きくなる。

何も言わなかったら彼もきっと気づいていなかっただろう。
2008020501.jpg
ワイ達がみんなで心がけている事。それは、知っている限りの商品知識をお客様に伝え、教えていってあげる事。そうすればもう少し道具に対する愛着も変わってくるだろう。

一ヶ所修理のつもりで来ていたら、金額が高くなるイメージがあるが、出来上がりを見てもらうと誰一人文句は言わない。かえって感謝の言葉すらもらえる事もある。
2008020504.jpg
ピカピカの裏金やコバガネ、シューズオイルで磨き上げた黒々としたスパイクを見ると、大切に使っていこうと思い、はつらつとしたプレーができる事を願いながら、修理にも精を出す。
                            
2008020505.jpg
                             ★完成★

精神統一!!

今日は久しぶりに縫いPネタで・・・。
そろそろシーズンインになるところが多く、新しいスパイクの購入者が増えてきた。

高校生にもなると、やはり縫いPがほとんどで、“軽い!強い!綺麗!!”がポイントだ。
革底スパイクのみの特権補強方法なもんで、どんなスパイクでも出来るって訳じゃぁない。

スラッガーのスパイクは、非常に軽量であると言う事がポイントなので、その特性を失わない為にも縫いPにする価値はある。

縫いPを始めたら、一気に仕上げていかないとボンドの調整が効かないので、グラブのように段階を踏み、数日に分けてしていく訳にはいかない。


集中してもくもくと・・・。
2008032001.jpg

・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。


                    ぷはぁーーー   出来た!!
2008032003.jpg
って一気に5足やった訳じゃぁないけど、後はゴム塗り乾燥待ち。

2008032002.jpg
                      オッケー! 激シブ!!

湯もみ型付けみたいに、半袖大汗!!とはいかないが、細かい手作業の為やっぱり腰にくる。
今日はサウナいこ。。。

お久さ!!!

今日は久しぶりに縫いPを紹介してみよう。。
2008070701.jpg
革の質を入念にチェックし、使える部分をピックアップ!!
今回は白のスパイクだから白革で。

2008070702.jpg
型通りにカットし、スパイク紐の位置に合わせて穴を開ける。
ズレは許されないから真剣に・・・。


2008070703.jpg
裏を縫い合わせた後ズレないように、ここもまた慎重に進めていく。


2008070704.jpg
仕上げにゴムを二重塗りし、投手用縫いPの完成!!

ところで何でこのスパイクに縫いPが出来るのか、皆さん!!不思議ではないですか???

今日は特別に好評してしまおう。
内緒やで!!!!

実は!!!
2008070705.jpg
ジャン!!!
これは一時、限定で売り出された、クラブリーググリッターの革底バージョン!!
今はもうなき商品だが、大事に持っていたお客さんは素晴らしい!!

この完璧な縫いPで、カッコ良くプレーしてもらおう。。。


うーん。貴重な一品を紹介できて、今日も満足や。

ミズノvsスラッガー

久しぶりに度肝を抜くオーダースパイクが入ってきたので紹介しよう。

東のミズノは、アッパーを白でまとい、流行りのプロテクトベロを赤でしめる。
要所要所に入ったシルバーのラインも何とも激シブ!!
2009061601.jpg

かたや西のスラッガーは対象的にアッパーは黒。
本体自体に派手さはないが、エナメルの光沢が何とも言えない輝きを発している。
2009061606.jpg

両者とも甲乙つけがたい仕上がりや!!
コンパクトにピンポイントで付けてる縫いPもバシッとキマッとるねぇ。。。
2009061603.jpg

スパイクの一部のように縫いこんだP革。
どや!!出来栄え最高やろ!!!
2009061604.jpg

ミズノ9本歯とスラッガーは4+3の7本歯。
みなさんはどちらがお好みでしょうか??
2009061602.jpg

このように縫いPも、お客様の足の癖や要望によって貼る位置やコバ金の位置を変える事もできます。

2009061605.jpg
大切なスパイクを大切に使ってもらいたい。。。
ワイの熱い思いはグラブと一緒!!

ビシッとバシッとやるでー!!!

忘れちゃいけない!久々の縫いP編

先日、ネットにてご注文頂きましたお客様のスパイク。
ラベル替え&野手用縫いP&コバガネプラス一つ・・・。かなりのこだわりのあるスパイクだ。
2010012406.jpg

なかなか激シブなスパイクやろ!!
スラッガーのステア皮スパイクはとにかく軽い!!この軽さを殺さない様に工夫された縫いP。そしてこだわりのコバガネ。
2010012407.jpg

あまりのゴムの艶に、カメラマンの鉄子!!写ってるでぇぇーーーー
2010012408.jpg

Mさん!スパイク届いていますか??
コバガネは割れたりチビたりした場合は早めの交換をオススメします!!大切にお手入れして、試合に練習に頑張って下さい!!!

久々の縫いPブログ

まいど!!
随分ご無沙汰でした!!いつも湯もみの紹介ばかりなので、ここらで一つ!本日出荷致しました激シブスパイクの縫いP過程をご紹介しましょう。
2011052502.jpg

投手用と言う事で革を貼る範囲も大きく、しっかり中に入れ込んで、一針一針縫っていく・・・

まさに!!“一針入魂”やで!!!!!
2011052503.jpg

こんな感じ!!
2011052504.jpg

余った皮をスパイクの先に合わせて慎重に切る。
2011052505.jpg

切れ具合もしっかりチェック!

ヨッシャ!!完璧☆
2011052506.jpg


後はゴム塗りを重ねて、しっかり乾燥させて完成!!
どや!!激シブやで!!!

左足にもコバ金を打って補強万全!Aさん!これで激しいプレーもお構いなし!!思いっきり走って下さい。
2011052501.jpg

また何かありましたら言って下さい!!
勿論!今後の修理もさせて頂きます!!!

野球シーズン真っ只中☆本日グラブも沢山出荷しておりますので、楽しみにお待ち下さい!!
皆さんの最高のプレーを期待しております!!!!コメントも待ってるでーーーー。

ミズノ史上最軽量スパイク☆

今年の4月に発売された、グローバルエリートのスパイク“GEハイスト”
2013062415.jpg


とにかく軽い!
その訳は??
1)限りなく薄く、少ないパーツで設計
2)ソールを可能な限り樹脂をくり抜き、さらなる軽量性を実現。
2013062403.jpg
軽っ!!!(重さはサイズによって異なります。)


よっしゃ!こんな軽いスパイクに普通の打ちPじゃもったいない!!!
こっちも軽量の縫いPや!!
2013062401.jpg

従来の金具に比べ、金具の硬度を高める事によって耐摩耗性を向上!
その為裏金の交換は不要!
2013062402.jpg

裏金を交換しなくていいからと言ってお手入れを怠って良いって訳では勿論ない!!
2013062404.jpg

泥が付いたらきっちり落とすし、コバ金(縫いPの際に先に付ける金)がちびたら打ち替えに来る!
2013062405.jpg

グラブもスパイクも同じ!最高の物を手に入れてもぐちゃぐちゃではプレーの上達もないと言えるだろう。。。きっちり手入れして良いものを長く使おう!
2013062406.jpg


日々のお手入れは勿論皆様ご自身で。そして技術的なメンテナンス・修理はお店で。
これでバッチリやで!!
2013062407.jpg

このスパイクは超軽量モデルなので、試合用としてお使い頂く事をお勧めします。
2013062408.jpg

両足縫いP完成☆
バッチリや!!!
2013062409.jpg
頑張れ!!球児達!!!


★お知らせ★

いつも“湯もみの鉄人”をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。

誠に勝手ながら明日10月16日より3日間、地方祭の為店舗お休みとさせて頂きます。
2013101501.jpg
メールでのお問い合わせ・ご注文の返信は19日以降順次行ってまいりますので、大変ご迷惑をおかけ致しますが、宜しくお願い致します。

グラブからのースパイク

まいど!!!

梅雨に入り、毎日なんだか空気が重い。。。雨は球児にとっては嫌やな。
グラブが濡れたら!!袋にしまわず、風通しの良い場所にハンガーなどで吊るして、必ず乾燥させる!!
湿気はグラブの大敵や!!

そして、乾いたら薄くオイルを塗って下さい。

湯もみ後もこうやってしっかり乾燥させてるでー
2014060902.jpg

さて今日は久々に縫いPも紹介しよう!
まず驚きはこのサイズ!!!
2014060903.jpg


彼は小学生の頃からフクヤスポーツをご愛顧頂き、現在中学3年生!
小学6年生の頃ですでに28.0cm。。。すらっと背も高く、とても恵まれた体だ!!

遂に既製品じゃぁ追いつかず、完全オーダースパイク☆
2014060904.jpg


目指せ!ダルビッシュ!!!
ワイの小顔?に並べるとこんなにも大きい!!
2014060905.jpg


よっしゃ!縫いPはワイに任せとけ!!
ビシッとかっこよく仕上げるでーーー!!
2014060901.jpg
今後もワイ達はG君を応援するで!!

オーダーに応えられる技術!!

いきなりですが・・・・・「激シブっ!!」
2015062101.JPG
今年から新しく開始された、「ミズノ グローバルエリート ハイスト・オーダーカラー」!!

野球と道具を愛してやまないVIP顧客様のK君!!
自分の所属するチームカラーを、所持品のパーソナルカラーとするほどの達人!!

最新鋭のデザインに「超硬金具」を搭載!!
歯がかなり減りにくいこのソールは、最高のコンディションを維持することができる!!

くうぅーーーーーっ!、何回見ても「激シブ」!!
2015062102.JPG

・・・そんなわけで、「鉄人の‘魂‘の縫いP/略して『魂P』」スタート!!

何回も言うけど、ホンマに一針一針手縫いで縫い合わせていく!
ピッチや縫い上げる時の糸のテンションまで、「魂」を込めていく!!
2015062104.JPG

「めっちゃめちゃ、ええ感じ!」
2015062105.JPG

ソールとの縫い合わせが終わったら、さっそく上側もしっかり縫製する。
見よ!!このミシン裁き!!
縫製も強度がしっかり出るように!!

いやぁ、やっぱり何をやってもワイは上手い!!
2015062106.JPG


最後に、地面との接触部を特殊ゴムでコーティング!!
塗ればええっちゅうもんではない!

角度と量、絶妙なさじ加減が履きやすさを損なわない秘訣!

2015062108.JPG

ババーーーーンっ!!!

完成!!!

この眩い光沢と一体感!!
このスパイクとピッタリやな!!
2015062109.JPG
ミズノ GEハイスト・カラーオーダー
http://mos.mizuno.jp/mos/fr/disp/CSfMOSDispBrandListPage_001.jsp?dispNo=007006001001
↑こちらからご注文・ご確認できます!!!

デザイン・性能・履きやすさ・・、人と差をつけたいプレーヤーに!!!!
もれなくワイの『魂P』で魂注入中!!!

プロフィール

小学校5年より硬式野球を初め、野球人生をスタートする。
福岡にこの人ありと言われた、久保田スラッガーの江頭名人の元、グラブの湯もみ型付けを学ぶ。
修行を積み重ね弟子の称号を頂いた今も、江頭名人の元に通うため、愛媛と福岡を往復する日々を送る。

湯もみの鉄人 ホームページ
湯もみの鉄人 オンラインストア
TGG

hamasta
ベースボールジム ハマスタ

月別アーカイブ